春日の茶畑

高齢化率50パーセントを超える地域に於いて、畑は高齢者の方々により支えられています。
村全体が無農薬での茶栽培という稀な環境に加え、全国でも数パーセントしか残っていない
在来茶畑がまだ全体の6割を占めます。
荒れている茶畑を手入れすれば、まだまだ元気なお茶の木たちを再生させることが出来ます。
全国的に見て、在来茶がこれだけまとまって残っているところはないと言われます。

   img_20141005-155158.jpg




 
在来茶畑

在来茶畑

眠っている茶樹を掘り起こせば全茶樹の80%が在来茶となるでしょう。

ダージリン?

ダージリン?

霧に包まれ幻想的な茶畑!!ダージリンのような雰囲気が素敵な一枚

畑の石

畑の石

畑の中に大きな石が点在している。自然のままがそこにあるのがいい。

急峻な茶畑

急峻な茶畑

昔はすべて歩きだった。登ったり降りたりと大変な重労働だった。

新芽の頃

新芽の頃

肥料無しでも時期が来れば必ず芽は出る。無肥料栽培が一番!!

いろんな茶葉が、、、。

いろんな茶葉が、、、。

親の遺伝子を受け継がないため、同じ茶葉はない!それぞれが個性的

ジグソウパズルの畑

ジグソウパズルの畑

昔、一人の老人が考案した畑の形態!今では春日茶畑の景色となっている

ちゃぼぼ

ちゃぼぼ

茶の実の事を春日では「ちゃぼぼ」と言う。
どんな子が生まれるのかな?

雲海

雲海

この位置から眼下に雲海を見る。ヘリコプターも眼下を飛んでゆく。

鹿も現れる畑

鹿も現れる畑

鹿も畑に現れる事があるが、茶の芽は食べないので助かっている。なぜ食べないのだろうか?